製造業の転職で面接で聞かれることとは?

製造業への転職を目指し、書類選考等を経て晴れて面接を受けられるようになった場合、気になるのは「なにを聞かれるんだろう」という事ですよね。
面接の質問というのはある程度定石があるものですが、その中でも製造業に特化した事例をご紹介致します!

長く続ける意志はあるか

製造業は特殊な技能を必要とされる仕事も多く、そういった技能は実際に働き始めてから身につけていくものです。
ひとつひとつ仕事を経験し、スキルを着実に伸ばしていくことが大切です。
そしてそういった特性は製造業であればまず間違いなく求められる資質です。
ですので、「長く続ける意志があるか」と聞かれた場合ははっきりと続ける意志を伝えましょう。

なぜものづくりをしたいのか

製造業とは、何かを「つくる」仕事です。
では、なぜその仕事に興味を持ったのでしょうか。その答えは、あなたの原体験の中に必ず眠っているはずですので、それを答えられるようにしておきましょう。
また、ものづくりをしたい理由をアピールしつつ、ではなぜその会社で働きたいのかという所まで落とし込んでおくことも大切です。

今までの経験をどう活かせるのか(問題解決力)

例えあなたが未経験で製造業を目指すとしても、あなたの今までの経験は大きな武器になります。
その中でも「なにかを解決した」という経験をアピールすると良いでしょう。
製造業では都度何か問題が発生するものなので、それを解決する力が求められます。
なにをう解決した、そしてその時自分はどのようなアプローチをとったか。そういった部分をアピールできるようにしておきましょう。

まとめ

製造業での面接では、製造業への適性を判断されることが多いです。
具体的には
・長く続けることができるか
・なぜものづくりが好きなのか
・問題解決力はあるか
です。
そういった質問が来た場合うまく自分をアピールできるように、事前にどのような回答をするかをシミュレーションしておくと良いでしょう。

第2新卒 転職 時期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です