製造の転職で考えておきたい志望動機のポイントとは?

今、製造業は活況を呈しておりその求人数も多くなっている状況にあります。
その中で、製造業の採用担当者はどのような所を見ているのか。
採用担当者へ刺さる志望動機とはどのようなものなのか。
まとめてみました!

なぜ製造業なのか

製造業への転職を目指すのならば、確実に押さえておきたいポイントは「なぜ製造業なのか」です。
ものづくりをしたいという気持ちは、いったいどういう体験から来ているのか。それは、ものづくりの仕事をしていく上でのモチベーションを保つのに非常に大切なポイントとなります。
ですから、必ず押さえておきたい志望動機のポイントになります。

なぜその会社なのか

次に必ず押さえるべきポイントは、なぜその会社で働きたいかです。

一口に「製造業」と言っても、作っているものは様々でひとつひとつの会社によって異なります。
その中で、なぜその会社を選んだのか。
それは作っているものなのか。
それとも、ものづくりへの姿勢なのか。
はたまた製造業界に対して行っている独自の施策なのか。
それは、選んだ会社によって様々です。
ですので、事前にその会社がなにを作っていて、どのような事業展開をしているのかを押さえておきそれを志望動機に含めることが大切になってきます。

過去のどのような経験を活かせるのか

過去、自分がどのようなことをしてきて、それを製造業でどう活かせるのか。それは是非とも志望動機に含めておくべきでしょう。
面接官によっては「自己PRをどうぞ」とわざわざ促してくれる場合もありますが、多くの場合は自分で自分をアピールできるのは志望動機を述べる時だけです。
上記2つの志望動機でその仕事へのマッチングをアピールし、そして今までの経験からどのような貢献できるのかをアピールするのです。

まとめ

製造業の面接で志望動機を述べる時は、まず
・なぜ製造業なのか
そして
・なぜその会社なのか
をアピールしましょう。
そしてその上で、例え製造業が未経験であってもこれまでの経験をどのように活かせるのかを述べることで、自分を採用してくれた時のメリットを分かりやすく提示するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です