未経験から製造へ転職するために必要なこととは?

今、製造業へ転職する人々が増えてきています。
日本のものづくりを支える製造業への憧れを持つ若い世代も増えてきており「ゲンバ男子」などという写真集が大手出版社から出版されたりとかなりの活況を呈しています。
そんな製造業へ未経験から転職する為には、どのようなことが必要なのでしょうか。
まとめてみました!

余裕があるなら資格を取っておこう

製造業は、様々な機械を使用して仕事をする場合なども多く、特殊技能が求められる場合もあります。しかし、そうした特殊技能は実際に働き始めてから取得をする場合がほとんどです。
一方で、どのような製造業でも広く必要とされる資格もあります。
例えば、「フォークリフト」です。工場などの現場では資材の運搬などにフォークリフトを使用する機会も多く、その際にフォークリフトの免許が必要になってきます。
フォークリフトは無免許や普通自動車免許を持っているだけでは使用できません。
フォークリフト運転技能講習を受け、それに合格することが必要です。
また、資材の運搬で言えば「クレーン運転士」や「玉掛け」(クレーンなどに荷物を掛ける、そしてそれを下ろす為に必要になる資格)などの資格が重宝されます。
もし時間とお金に余裕があるのなら、取っておいて損はない資格と言えるでしょう。

製造業への転職でアピールすべきポイントとは

製造業への転職を未経験者が目指す場合、必ずアピールするべきポイントがあります。
それは、「長く続ける意志がある」ということです。
製造業はどうしても経験の積み重ねにより技能を習得する必要があるという特性があります。
つまり、長く働けば働くほど技能は上達し、企業にとっても有能な人材になるのです。
ですから、選考に進む場合は例え未経験であっても、これから長く続けていく意志があるということをアピールするようにしましょう!

まとめ

未経験から製造業への転職を目指す場合、取っておくに越した事はない資格があります。
そうした資格は必ずしも必須ではありませんが、有していればアピールポイントにすることができるでしょう。
多くは1週間以内で習得可能な資格なので、時間とお金に余裕がある場合は習得しておきましょう。
また、製造業の仕事は継続することでスキルアップしていきます。
ですので、選考を受ける場合は「長く続ける意志がある」というポイントをアピールしましょう。
そうすることで、例え未経験からのスタートであっても良い結果が生まれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です