製造転職で活かせる自己PRとは?

今、日本には「ものづくりをしたい!」という方が増えています。
そういった中で、製造業の転職を目指す方も増えてきています。
しかし、今の自分をどのようにアピールしたら良いのかということが分かっていない人も多いのが事実です。
製造業への転職で活かせる自己PRとはどのようなものなのでしょうか。調べてみました!

長く続ける意志があること

製造の仕事の特性として、「続ければ続けるほどスキルが身に付く」というものがあります。
その仕事独自の特殊技能が求められることも多く、企業は長く働いてそういった技能を身につけ、使えるようになる人材を多く求めています。
ですから、これまでなにかをコツコツとやり遂げた経験などがある場合はそれを是非アピールしましょう。
また、そういった経験が特にない場合も、長く続けていく意志があるということは、しっかりと採用担当者へ伝えるようにしましょう。

今までの経験をどう活かせるのか

製造業では即戦力として使える人材を多く求めています。
今までも製造業に従事していたのなら、その経験をきちんとアピールすることで採用される可能性が高くなるでしょう。

また、もし製造業の経験がないという場合でもご安心を。
今まで、あなたがどのような経験をしてきたのか。中でも、何かを改善した体験をアピールすると良いでしょう。

製造業の現場では、常に改善が求められています。

そういった状況の中で、あなたが物事を改善したという実績は必ずプラスに働きます。
「これこれこういった事を改善しました」
ではなく
「このように考え、改善しました」
という改善までのアプローチの方法を交えてアピールすると良いでしょう。

まとめ

製造業では、経験によって身に付く特殊技能を身につける事が使える人材になる為には不可欠です。
そしてそれは、経験によってしか身に付かないもの。
ですので、物事を長く続けることができるというのはそれだけでアピールできる特性になります。
また、製造業の現場では常に改善が求められています。
あなたが今までなにか物事を改善したという経験についてアピールし、また自分が改善に向けてどのようなアプローチをしたのかを同時に伝えることで、より採用担当者への説得力が増すことでしょう。

製造の転職で考えておきたい志望動機のポイントとは?

今、製造業は活況を呈しておりその求人数も多くなっている状況にあります。
その中で、製造業の採用担当者はどのような所を見ているのか。
採用担当者へ刺さる志望動機とはどのようなものなのか。
まとめてみました!

なぜ製造業なのか

製造業への転職を目指すのならば、確実に押さえておきたいポイントは「なぜ製造業なのか」です。
ものづくりをしたいという気持ちは、いったいどういう体験から来ているのか。それは、ものづくりの仕事をしていく上でのモチベーションを保つのに非常に大切なポイントとなります。
ですから、必ず押さえておきたい志望動機のポイントになります。

なぜその会社なのか

次に必ず押さえるべきポイントは、なぜその会社で働きたいかです。

一口に「製造業」と言っても、作っているものは様々でひとつひとつの会社によって異なります。
その中で、なぜその会社を選んだのか。
それは作っているものなのか。
それとも、ものづくりへの姿勢なのか。
はたまた製造業界に対して行っている独自の施策なのか。
それは、選んだ会社によって様々です。
ですので、事前にその会社がなにを作っていて、どのような事業展開をしているのかを押さえておきそれを志望動機に含めることが大切になってきます。

過去のどのような経験を活かせるのか

過去、自分がどのようなことをしてきて、それを製造業でどう活かせるのか。それは是非とも志望動機に含めておくべきでしょう。
面接官によっては「自己PRをどうぞ」とわざわざ促してくれる場合もありますが、多くの場合は自分で自分をアピールできるのは志望動機を述べる時だけです。
上記2つの志望動機でその仕事へのマッチングをアピールし、そして今までの経験からどのような貢献できるのかをアピールするのです。

まとめ

製造業の面接で志望動機を述べる時は、まず
・なぜ製造業なのか
そして
・なぜその会社なのか
をアピールしましょう。
そしてその上で、例え製造業が未経験であってもこれまでの経験をどのように活かせるのかを述べることで、自分を採用してくれた時のメリットを分かりやすく提示するようにしましょう!

製造業の転職で面接で聞かれることとは?

製造業への転職を目指し、書類選考等を経て晴れて面接を受けられるようになった場合、気になるのは「なにを聞かれるんだろう」という事ですよね。
面接の質問というのはある程度定石があるものですが、その中でも製造業に特化した事例をご紹介致します!

長く続ける意志はあるか

製造業は特殊な技能を必要とされる仕事も多く、そういった技能は実際に働き始めてから身につけていくものです。
ひとつひとつ仕事を経験し、スキルを着実に伸ばしていくことが大切です。
そしてそういった特性は製造業であればまず間違いなく求められる資質です。
ですので、「長く続ける意志があるか」と聞かれた場合ははっきりと続ける意志を伝えましょう。

なぜものづくりをしたいのか

製造業とは、何かを「つくる」仕事です。
では、なぜその仕事に興味を持ったのでしょうか。その答えは、あなたの原体験の中に必ず眠っているはずですので、それを答えられるようにしておきましょう。
また、ものづくりをしたい理由をアピールしつつ、ではなぜその会社で働きたいのかという所まで落とし込んでおくことも大切です。

今までの経験をどう活かせるのか(問題解決力)

例えあなたが未経験で製造業を目指すとしても、あなたの今までの経験は大きな武器になります。
その中でも「なにかを解決した」という経験をアピールすると良いでしょう。
製造業では都度何か問題が発生するものなので、それを解決する力が求められます。
なにをう解決した、そしてその時自分はどのようなアプローチをとったか。そういった部分をアピールできるようにしておきましょう。

まとめ

製造業での面接では、製造業への適性を判断されることが多いです。
具体的には
・長く続けることができるか
・なぜものづくりが好きなのか
・問題解決力はあるか
です。
そういった質問が来た場合うまく自分をアピールできるように、事前にどのような回答をするかをシミュレーションしておくと良いでしょう。

第2新卒 転職 時期

未経験から製造へ転職するために必要なこととは?

今、製造業へ転職する人々が増えてきています。
日本のものづくりを支える製造業への憧れを持つ若い世代も増えてきており「ゲンバ男子」などという写真集が大手出版社から出版されたりとかなりの活況を呈しています。
そんな製造業へ未経験から転職する為には、どのようなことが必要なのでしょうか。
まとめてみました!

余裕があるなら資格を取っておこう

製造業は、様々な機械を使用して仕事をする場合なども多く、特殊技能が求められる場合もあります。しかし、そうした特殊技能は実際に働き始めてから取得をする場合がほとんどです。
一方で、どのような製造業でも広く必要とされる資格もあります。
例えば、「フォークリフト」です。工場などの現場では資材の運搬などにフォークリフトを使用する機会も多く、その際にフォークリフトの免許が必要になってきます。
フォークリフトは無免許や普通自動車免許を持っているだけでは使用できません。
フォークリフト運転技能講習を受け、それに合格することが必要です。
また、資材の運搬で言えば「クレーン運転士」や「玉掛け」(クレーンなどに荷物を掛ける、そしてそれを下ろす為に必要になる資格)などの資格が重宝されます。
もし時間とお金に余裕があるのなら、取っておいて損はない資格と言えるでしょう。

製造業への転職でアピールすべきポイントとは

製造業への転職を未経験者が目指す場合、必ずアピールするべきポイントがあります。
それは、「長く続ける意志がある」ということです。
製造業はどうしても経験の積み重ねにより技能を習得する必要があるという特性があります。
つまり、長く働けば働くほど技能は上達し、企業にとっても有能な人材になるのです。
ですから、選考に進む場合は例え未経験であっても、これから長く続けていく意志があるということをアピールするようにしましょう!

まとめ

未経験から製造業への転職を目指す場合、取っておくに越した事はない資格があります。
そうした資格は必ずしも必須ではありませんが、有していればアピールポイントにすることができるでしょう。
多くは1週間以内で習得可能な資格なので、時間とお金に余裕がある場合は習得しておきましょう。
また、製造業の仕事は継続することでスキルアップしていきます。
ですので、選考を受ける場合は「長く続ける意志がある」というポイントをアピールしましょう。
そうすることで、例え未経験からのスタートであっても良い結果が生まれることでしょう。

未経験者が製造へ正社員の転職を成功させるポイント

今、ものづくりを行う製造業の仕事がものすごい注目を集めているのをご存知ですか?
大手出版社からは「ゲンバ男子」という、製造業で働く男性の写真集が発売がされ、日本のものづくりを支える人々にスポットライトが当てられています。
町工場を元気にするプロジェクト「チアーズG」が始動するなど、製造業界に活気がみなぎっている今。
皆さんの中には、製造業というのは派遣やアルバイトでは入りやすいけど、正社員の仕事は中々見つけづらいのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな事はありませんよ! むしろ「ゲンバ男子」のようなプロジェクトが進み、今は製造業の正社員求人も増えてきています。
その中で、未経験者でも製造業の正社員への転職を成功させるポイントをお伝えします!

求人はどこで探す?

一般的に求人を探すというとハローワークに通ったり、求人情報誌を見たり、転職サイトを見てみたりといった方法があるかと思いますが、製造業への正社員の転職におすすめの方法が一つだけあります。
それは、製造業界特化の求人サイトで求人を探すことです。
製造業には
「はたら工場」
「工場求人ナビ」
「Makers」
などといった、製造業特化の求人サイトが多数あります。
そしてその中には当然、正社員採用の求人も掲載されています。
「正社員採用」かつ、「未経験者歓迎」の仕事も多数あります。
一般的な転職サイトにも製造業の求人はありますが、こうした製造業に特化した求人サイトで求人を探すことが製造業に正社員として転職する場合の最も近道になるでしょう。

「正社員登用あり」を狙うのもアリ

いきなり未経験から正社員を目指すことも可能ですが「正社員登用制度」を利用することも良いでしょう。

正社員では求人を出していなくても、将来的に正社員として雇用する「正社員登用制度」を導入している企業が多くあります。
考えてみれば当然ですよね。
未経験で正社員として雇ったはいいけれど、「なにか違うな」とすぐ辞められてしまったら採用側の企業もたまったものではありません。
まずは派遣やアルバイトから始めて、本人にもやる気があり、適性があれば正社員として雇用する。そういう風に考えている企業がたくさんあるのです。

まとめ

今、製造業界を取り巻く動きはかなり活発になってきています。
そんな中で、製造業へ正社員での転職を目指すならば、まずは業界特化の求人サイトを参照しましょう。
そして、その中で求人を探す場合「正社員雇用」のみを探すのではなく、「正社員登用あり」と求人を出している企業もチェックするようにしましょう。
また、正社員登用制度を導入している企業の選考を受ける際は、実際に正社員として登用された人が何人くらいいるのかなど、実績も確認するようにしましょう。
未経験からの製造業への転職は、決して不可能ではありません。
ポイントを押さえて就職活動をすることで、製造業正社員への転職を成功させましょう!